第4回 風景街道子どもウオーク NO2

                      この冬一番の寒さ到来です。
                      朝から、冷たい風が吹いて、寒いです。
                      でも、子供たちは元気、今日も頑張りましょう!        


11月19日(2日目)

                       6時起床です。
                       昨夜遅くまで、眠れずにいた子供たちも数名いましたが、ちゃんと起きられましたね。
                       歯を磨いて、荷物を整理、朝食です。
                       8時、八幡小学校をスタートします。
                       まず、高炉台公園へ・・・ここで30分学習が有ります。
                       高炉台公園を後に、「いのちのたび博物館」へ歩きます。

                       9時、「いのちのたび博物館」に到着です。
b0389650_09595241.jpg
                       中に入って、整列。説明と注意事項を聞きました。
b0389650_10023035.jpg
b0389650_10025061.jpg
                       今から、10時20分まで自由行動です。
                       いろいろなものを、見たり、触ったり・・・楽しそうですね。
b0389650_10032032.jpg
                       特に男の子は、近ずいて眺めたり、触ったり大興奮のようです。
b0389650_10034096.jpg
                       1時間20分ほど、見学と学習をしました。

                       大きな恐竜が上の方で皆を見つめていましたよ・・・気が付きましたか?
                       日本がまだ誕生してない頃の地球儀もありましたネ、
                       インドがインド洋にぽっかりと浮かんでいましたね、インドは昔、大陸の一部じゃなくて島だったんですね、
                       不思議な感じ・・・???
                       楽しかったですね。

                       博物館の外に出て班ごとに整列です。
b0389650_10094397.jpg
                       朝の陽ざしは、チョット優しすぎて・・・寒い・・です。
b0389650_10090733.jpg
                       スペースワールドが見えてきました。
                       旧長崎街道を桃園方面へ歩きます。
b0389650_11413531.jpg
                       長 崎 街 道 の、パネルの前を・・・。
                       このパネルは、JRの電車の中からも、よく見えますよ・・・と、正野さんが、説明。

b0389650_11424868.jpg

                       もう直ぐ、桃園公園です。
                       公園内の、児童文化科学館で小休止です。
b0389650_11432447.jpg
                       桃園公園内、児童文化科学館到着です。
                       ここで、小休止・・・水分補給をしましょう。                                                                            
b0389650_11435730.jpg
 
                       出発です。
b0389650_11443740.jpg

                       旧長崎街道黒崎宿の東搆口です。

                       構口(かまえぐち)とは、いわゆる番所のことです。
                       天和元年(1615)黒崎城を廃し、城の南側にあった堀を埋めて構口を開き、
                       番所を設けて旅人を監視したのが始まりです。
                       黒崎の宿場を通過するには必ず東と西にある構口で検査を受けました。
                       東の構口、田町には4人、西の構口、熊手には3人の役人が昼夜交代でつめ、
                       旅人の監視をしていたと言われています。

                       熊手にあった西構口は、現在残っていません。
b0389650_12221074.jpg

b0389650_12274837.jpg

                       東搆口の学習を終えて、春日神社へと歩きます。
                       春日神社到着です。
                       この春日神社はその昔、関が原の戦いで功績のあった黒田長政が筑前国に領地を与えられると、
                       黒崎には井上之房が入り、筑前黒田藩の東の守りとして黒崎城を築き、また黒崎の街を整備しました。
                       この時、井上之房は鳥野にあった春日神社を現在の場所に移転して黒崎の守り神としました。

                       井上之房は寛永年間(1624年~1645年)、春日神社に藩祖である黒田長政を合祀しました。
                       (『相殿』とありますので、春日の神様と一緒に本殿に祀られたのだと思います。)

                       おそらく井上之房は黒田藩の安泰を願い、春日神社に藩祖の黒田長政を祀ったのでしょう。
                       こうして春日神社は『黒田大明神』とも呼ばれるようになりました。

                       春日神社境内で整列、神社に参拝しました。         
b0389650_12553591.jpg

b0389650_12561174.jpg

                       ここで、昼食です。
                       地元の方が、「官兵衛 汁」を作ってくださいました。
                       ケンチン汁に少しとろみをつけたお汁です。
                       お野菜など、具沢山でとても美味しかったです、温まりました。
b0389650_13423467.jpg

b0389650_13431976.jpg

                       食事の後、「缶バッチ」つくりをします。
b0389650_13444073.jpg

b0389650_13450185.jpg

                       自分で絵を描いたり、シールを張ったりして作ります。
b0389650_13464672.jpg

                       缶バッチ・・・完成。              
b0389650_13475290.jpg

                      「缶バッチ」作りを終えて、春日神社境内に集合です。
                       ゴールの曲里の松並木まで約2キロを歩きます。
                       寒いけど、もう少しです、頑張りましょう。
b0389650_13571324.jpg

                       曲里の松並木(東屋)から、解散式のあるひびしんホール・イベントスペースまで戻ります。
b0389650_14023241.jpg

b0389650_14053532.jpg

                       チョット疲れたかな・・・?
b0389650_14091378.jpg

                       イベントホール到着です。
                       今から、解散式を行います、並んでくださいね。
                       お迎えの、家族の方も沢山来られています。
b0389650_14113305.jpg

                       北九州風景街道(長崎街道)推進協議会事務局の井上様より「完歩賞」が贈られました。
b0389650_14181481.jpg

                       2日間で、約20キロ歩きました。頑張りましたネ。
b0389650_14261542.jpg

                       おめでとうございます。お疲れ様でした。








[PR]
by kitakyuwa2 | 2017-11-21 11:30 | ウオーキング大会
<< 12月例会 納会(忘年会)ウオ... 第4回 風景街道子どもウオーキ... >>